ペティグリュー山のすてきな季節(1)

「はる」

ベリル・ペティグリューが生まれたって!

ヴアリ・ペティグリューがここにきて、はじめての子供じゃないか。


彼女は住んでる石氷柱の穴のいちばんいいところにじっと体を休めていた。あそこはぼくらにも宝石の降ってくるようだよね。天井の穴から昼と夜が入ってきて、晴れの日にはぼうぼう草むらの上でみんな遊ぶし、雨の日にはどうどう滝が降ってきて遊ぶね。

そんな宝箱で生まれるベリルはさぞ幸せだろ。


ベリル・ペティグリューは大きな翼をばたばたさせた。


ここいらのみんなはもちろん、春の商人もその様子を見に来た。きらきらの瞳もぬらぬらの瞳も、ばらばらの瞳も、たくさんかがやいて宝石箱のまんなかみたいだった。ちいちゃな子どもが、よっとで立って、おっとで転んで、あれあれきょろきょろ、と周りのみんなを見るんだ。どっとみんな笑った。きらきら笑った。ヴアリさまが舌を出して、かわいい子の体を支えてくれた。体中冷たいヴアリさまも、舌ベロと、日に当たった時はようくあったかいんだ。


「ベリル・ペティグリュー! おはよう、よく目は覚めたかい?」


春の商人がはじめてそう呼んだので、春の商人は名前をその子にやった。


ここらでいっとうすばらしい石氷柱の穴の中、穴の中でいちばん緑と花の色がある場所の上で、やさしい親ごさまと楽しい仲間に祝われて、いっとき訪れた人が来た時生まれたベリルは、世界一幸せなかわいい子だ。

この穴も、穴の外も、ここいらに住むみんな、宝物のようにすばらしく美しいこと。

ベリル・ペティグリューは宝箱のいちばん上で、大切にされて育つのさ。

つづく

次回投稿  7月3日 12時予定

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP