Colorful Rat

京都市南区吉祥院宮ノ西町4-1
TEL:075-874-7938

チロル ペティグリュー山のすてきな季節

ペティグリュー山のすてきな季節(2)

更新日:

「なつ」

ベリル・ペティグリューが転んだって!

また報告していらないって? だって今度は畑に突っ込んだしさ。


目もぱっちり開いたし、足腰もしっかり立てるようになったし、歯もひとまず生えそろってみんなと同じごはんを食べる。ヴアリさまの子だけあって、とてもきれいではあるとも。


ベリル・ペティグリューは大きな翼をばたばたさせた。

しかし飛べなかった。


ベリルなら今日も元気だよっていう時はみんな苦笑いさ。ヴアリさまの子だから、いきいきしてるのは当たり前だし、そうなるようぼくらも努めるけれども。ベリルはみんなと同じくらい大きくなったけど、はねが大きいから陽射しを隠してどたどた走ってるよ。ベリルは場所をとるし、大きな音をたてるし、仕事熱心だけど苦手だし、小心者だ。はっきり、じゃまだ、って言ったほうがいいだろうか。大きいはねで空さえ飛べればまだいいのに。


「そこにいてくれるだけでいいって言われるためには、君だけができる役目をこなす必要がある」


夏の旅人がベリル・ペティグリューの前に立ちはだかって、夏の旅人は居場所をその子にやった。誰も来ない丘の上をひらいて、ベリルはそこで走ったり、叫んだり、見つけたりした。みんなそのうち、いろんなものを丘の上に持っていくようになった――つぶしたり、こわしたり、そういう風にしたいものをね。

ベリルが走り回った年は、いつもの年の何倍も働いて、いつものごはんを食べることができた。ヴアリさまはみんなをたいへん気遣って、ここにないものを持ってきてくれた。疲れた顔でさ。


誰かが「もうたくさんだ」と言った。

みんなのおもいがひとつの塊になって、ある者は苦虫を噛み潰し、ある者はほっと息をつき、ある者は口を閉ざし、ある者は大口を開けた。みんな宝物をべたべたと触ったんだ。


つづく

次回投稿  7月6日 12時予定

-チロル, ペティグリュー山のすてきな季節
-

Copyright© Colorful Rat , 2020 All Rights Reserved.