Colorful Rat

京都市南区吉祥院宮ノ西町4-1
TEL:075-874-7938

チロル

オリジナル短編小説 「永遠の課題」<後編>

更新日:

この世に学ぶものがある限り、きっと皆が挑み続ける永遠の課題。
あなたもきっと、考えたことがあるはず。
はるか昔の、ある者の未来についての話。
夢旅団チロル
Novelist
こちらは後編ですので,まず前編からおたのしみください。

「永遠の課題」 後編 

「人間は立派に死んだり無駄死にしたりするね」「するねえ」

「俺たちは別に考えもしないけどね。例えば俺を除いて」「へえ、」

「たらふく食うのも飢えるのもだめな生き物、なんて面倒だよ、まったく!」

男も面倒だと思う。

ちっちっち。

「人間ってさ――エラいやつとか、イイやつとか――あるいはワルいやつとか、どっちかにどうもなりたがるみたいだな?」「そうだな。なりたかったな」

男は昔、たいそう偉い人物になるつもりでここまで来た。そしてこの間まで学び働いてきた。だが、そうもいかなくなった。そこで今さっき、悪事を働いた。たいそう悪いことをして、なお開き直った心持ちで門を降りてきた。そして今ぬめりと共に、荒れた都を見ていると、どちらの気持ちもくだらなく思えてくるのである。

「なりたかったけど、やめとくかね。今、どっちも必要なさそうだからな」

「俺らは昔からそうだから、この俺は不思議だよ。食って、育って、子を作って。途中のどこかで食い殺されても、そいつがまた育っていくから別に苦とも思わんのよ」

「土の上で死んでも?」「土の上で死んでも」

ちっちっち、 の、 あと、  しばらくざあっと雨は降っていて、夜の色を覆っていた。

「ま、俺は蛇だし」

「だな、俺は人間だし」

「互いに好きな風に、やりたいように生きようぜ」「おう、よく言った」

 

雨がやんだ後、男はその辺で火を焚いて、その辺の木の棒で刺したその辺の蛇を食べた。

「意外といけるなこれ」そう言いながら、ぬるりの蛇の顔は忘れんだろうなあ、と思った。

 

男はたいして自主性もなく、ぼんやりと生きてきたが、門の上で追い剥ぎをしてからたいそうよく働くようになった。荒れた都でそれなりに悪名も知れ渡り、いくつも悪事を打ち立てたが、特に語るようなほど大犯罪をやったわけでもない。蛇の逸話も知らない。

かの男について語ることもなくなったから、男の行方は誰もどうでもいいだろう。その時代の検非違使らと共に藪の中。

 

ちんちろり。

おしまい
感想はこちら

-チロル
-

Copyright© Colorful Rat , 2020 All Rights Reserved.