Colorful Rat

京都市南区吉祥院宮ノ西町4-1
TEL:075-874-7938

marron

信楽に行ってきました♪ 【勅旨 雲井 地名の謎 編】

更新日:

2020年8月、信楽に行ってきました♪

2020年夏…数年前に行ったお気に入りのカフェに行きたくて

コロナを気にしつつも、信楽行き決行してきました\( 'ω')/



京都から信楽へは、まずJR京都駅から草津まで行き

JR草津線に乗り換え「貴生川駅」で

信楽高原鐡道に乗り換えます。

JR貴生川駅と信楽高原鐡道の貴生川駅のホームは同じホームです。

私は、この旅のために、前日にICカードをチャージしておいたのですが…

なんと!信楽高原鐡道はICカードが使えません><

けれど、ICカードを使ってJRを乗ってきた人用に

ホームにこんなものがありました!

ICカードを「ピッ」と通すためだけの改札です。

ICカードを認識させるためだけのものなので

横からいくらでも通り抜けできます…かなりレアな改札機です!



時刻表を見てもらえばわかる通り…

電車は1時間に1本ほどしかありません。

行きは約30分…帰りは約1時間待ちました。


私はこの時、スマホのバッテリーが弱くなっていて

撮影のためにスマホで時間つぶしすることができず

真夏の暑さの中、クーラーの効いていないホームで

ボーッとする時間は、まだwifiとかない前の生活に戻ったようで

懐かしいような…おもしろいような感じもしました

…ICカードも使えないし…なんか小学生時代にタイムスリップしたような

新鮮な感じでした(*^▽^*)

列車が来ました!

とてもきれいな列車です!

車内もとても綺麗です!

何回も書いてすみませんが(^^;

ICカード使えない鐡道ということで…

「どんな列車が来るのだろう…」と一抹の不安を感じましたが

案内表示も電光パネルで予想外の列車が来てビックリです!

勅旨?雲井?…地名にびっくり!

さあ、約30分暑さの中やることもなくボーッと待った時間は終わりです。

これから待望の「信楽」に向かいます!



↓クリックしてみてください♪

このように山の中を進んでいきます。

暑い真夏でしたがとても心地いいです!




貴生川駅を出て、信楽高原鐡道の最初の駅は「紫香楽宮跡」

ここは昔、聖武天皇が紫香楽宮を造営した土地です。


信楽の狸の置物が全国的に有名になったのは

昭和天皇が信楽に行幸されたからですが…

もしかしたら、紫香楽宮があったから行幸されたのかもしれませんね。




それから車内でボーッとしていたのですが…

「勅旨」という駅名を見てびっくりしてイスから転げ落ちそうになりました!


「勅旨」とは、天皇からの命令書の意味ですが…

それがそっくりそのまま駅名になっているとは…

あわてて前後の駅名を確認すると

「雲井」という駅がありました!

「雲」というのは、昔の日本語では「隠す」とか「死」を表す言葉です!


今でも行方不明になることを「雲隠れ」といいますし

【源氏物語】でも「雲隠」というタイトルだけの章があり

それは、光源氏の死をタイトルだけで表したものともいわれています。




家に帰ってからネットで調べたところ

「勅旨」とは、聖武天皇からこの地に田んぼを作るようにという

命令が出たからとの事でした。

「雲井」についても、「雲井」とは「皇居」の意味があり

この地に紫香楽宮の皇居があったからと言う事でした…



しかしもう少し調べてみると

「雲井駅」に「日雲神社」という神社があり

ここは「元伊勢」であるというのです。



伊勢神宮が今の位置に決まるまでに

倭姫命が日本中を天照大神のご神託を受け

「ここでもない」「ここでもない」と旅をしながら

やっと今の伊勢の地に決まったとされています。





ここからは仮説ですが…

日は、「天照大神」として

雲は、「隠す」という意味ならば…

何らかの事情で「天照大神をつれて逃げる必要」があり

この信楽の地に数年間「匿った」とも考えられます。


日本の古代史は「古事記」と「日本書紀」に記されていますが…

実はこの2つの書は、天武天皇御代により編纂されている官製であり

それ以前に日本各地にあった書は焚書されており

「本当の日本の古代史」というのは

地名や、神社から探るしかありません。




「勅旨駅」と「雲井駅」にはすごーくすごーく降りてみたかったのですが…

電車が1時間に1本程度しかなく…暑い時期でしたので

諦めました(^^;


けれど、古代史好きとしてはとても興味深い土地ですので

いつか行ってみたいと思っています。


電車以外の足があるといいんだけれど…(^^;

信楽に到着♪

駅名に想いを馳せながら…いよいよ信楽に到着です♪

沢山の狸さんがお出迎えしてくれています\( 'ω')/


ここで、「信楽に行ってきました♪【勅旨 雲井 地名の謎 編】」

は終わりです♪お疲れ様でした~♪

次回に続きます(*^▽^*)

-marron

Copyright© Colorful Rat , 2020 All Rights Reserved.