静かな心情は

嵐の前触れ

思い込んでいた病は

誰に助けてと

叫んでいた日々が

たまったものかもしれません