TEL:075-874-7938

トリックアート ブログ 活動報告

気まぐれなつぶやきその②<華麗なるカレーの探訪記>

全くグルメや料理にはこだわりのないこの私ですが、週1は絶対に外せないメニューがありましてそれは、カレーなんです。まぁカレーが嫌い、ダメな男子には少なくとも私は今まで会ったことがありません。10人中9人は男女問わず好きなんではないでしょうか?ラーメンや牛ドンと並んで今やケンミンいや間違いなく全日本人のソウルフードと思いますよ。

そんな私が一押しのカレーは・・・一流シェフやママの味ではなくて、私の母親の母である、つまり、おばぁちゃんがコトコト作ってくれたカレーなんです。東近江の極く普通の商人の家出身の質素なおばぁちゃんでしたが、これといった得意料理はないものの、この人の作る「カレー」と「冬瓜の葛煮」の味だけは60年以上たった今も私の中では忘れる事ができません。母親に何度かおばぁちゃんのカレーと同じものを作っておいて、とねだってはみたものの、いざ食べてみるとやはり違うんですねこれが。不思議ですね。実の親娘なのに?何故か?違いは色々考えてみまして、ルゥーはほぼ同じですが、ある時、野菜の処理の仕方が違う事に気が付きました。野菜と言っても入れる物は平凡に人参とジャガイモと玉ネギだったかな?中でもジャガイモのむき方、切り方が大きく違いました。母親は几帳面に丁寧に皮をむいてから改めて塩水につけた後タワシで表面をキレイにこすりとって芽取りをしてから3当分に切り分けて、祖母は芽取りだけはして

あとは適当というか、そのかわりざっくり皮だけむいて、タワシも使わずに当分切りもせずにそのまま丸一個ごと入れてました。その代わり出来るだけ食べやすい小さなものだけを選んでたようです。そのおかげか食感がとてもゴロっとしてるんですね。人参も母のは型抜きしてキレイな星型に揃えておりましたが祖母のは皮だけむいた単なる丸切りでした。そのようなことで、そんなに味が変わるのかは、私には専門外なので、

他にも私が知らない何か隠し味的な秘密のことがあったのかは、今となっては分かりませんが・・・。

とにかく懐かしいおばぁちゃんの味でした・・・。

そんなわけで今の私の求めるカレーの志向はタップリ、ハーブ・スパイスの効いた「いかにもカレー専門店の味」ではなく、勿論ココイチやスキヤ(モチロンそれなりに十分美味しいのですが)などの万人向けの味でもなくあくまで「素朴な家庭の味」がキホンノキなのです。

    *****************

さてそんな私が、今までに、訪れた、おススメカレー店を京都市内中心にこれから少しご紹介しようと思います。但し、あくまでこの私の嗜好重視で選んでおり、万人向きではないことを、まずおことわりしておきますね。

尚①~⑤までは全て実食済です。

①「フジヤマ・プリン」 さん(概略の場所:天神川高辻下ル)                

こちらは、現在の私の住まいから一番近くにあるカレー屋「フジヤマ・プリン」さんです。天神川通りに面しています。名前からは何かスィーツ屋さんを想像しますが、れっきとしたカレー屋です。実は先にプリン屋で始めたのが後にカレーもやるようになったとも聞いたのですが、真偽はわかりません。とにかくここのカレーは私に合ってるというか、とにかく家庭の味です。看板を見ると、「3代続くおばあちゃんのカレーの味」となってますので、さもありなん!まさにピッタシ!です。私のここでのオシは豚しゃぶカレーとデザートの瓶入りの自家製プリンです。とにかく種類がカレーもプリンも色々と多いので食べ比べや選ぶ楽しみもあります。目の前に広がる天神川の桜並木を眺めながらの盛春のランチ・カレーは満足感サイコーです!。

②アローズ さん(太秦天神川駅スグ)

こちらは通所時に朝・夕必ず通る天神川バス停すぐにあるカレーが食べられるカフェです。じゃぁカレーはセカンドメニューか?というとそうではありません。店主が余程カレー好きなのか早朝から、カレーの仕込みの匂いが周辺に漂っております。いつ食べてもそれなりのクォリティの高い味のカレーに仕上がっております。デフォはちょい辛口ですので、苦手な方には甘口もあります。

珈琲も美味しいです。オシはカツカレーです。揚げたてのサクッとしたカツがカレーをさらに引き立てます。

③プランツ プランツカフェ さん(葛野大路五条下ル)

こちらは、たまたま西京極駅近くに用事があった折にお昼時でお腹がすいてまして,偶然にふらっと入ったお店です。が、大当たりでした!店内は植物プラント一杯で

変わった店だなぁーと思いましたがメニューにあった「カレー・セット」を頼み、一口食べると実に野菜の自然な甘味を感じるやさしい味のカレーでした。きっと素材、下ごしらえ共に優れているんだと思います。いまのところ私の一押しカレーの味です。店横の小さなローズ・ガーデンが目印です

④円町リヴァーヴ  さん(西大路円町下ル)

こちらは、10年程昔に「京都ワンコインランチ本」の中で載っていたお店で本を見せると店がスタンプを押してくれるとワンコイン・・つまり500円でランチが食べられるシステムになっていた折に入ったお店です。どちらかというと、苦手なハーブスパイス系強めのカレーで私の趣向とは少し違いましたが、なんとか食べられる範囲でした。なにしろ500円で本格カレーが食べれるのがありがたかったです。今でもその本はあるんでしょうかね?

⑤カレー製作所カリル さん(京都府庁前スグ)

こちらは、私が自宅で脳梗塞で倒れたおり、救急車でかつぎこまれた、病院の京都第二赤十字病院のほん裏手にひっそりとありますカレー屋さんです。家庭の味というより、スパイシー本格カレーの代表みたいなお店です。ここで、アイがけカレーというものを知りました。とにかく、病院食というものに毎日ウンザリしていた私でしたが、こちらのカレーのおかげで脳の味覚神経が完全破壊されるのを防いでくれて本当に助かりました。カレーというよりも食の大事さ、有難さを私に改めて教えてくれた大切な大切なお店なのです。いつまでもお店続けられて美味しい味を提供してください。カリルさん!本当にありがとうございました。

こちらは、昼と夜でメニューが変わります。ランチ時は行列必死の人気店ですのでご注意ください。食後のラッシーは、はずせませんよ。

 

 **********************

番外・変化球編(未実食、カレーうどん、パンズなど)

さてここからは、私が未だ訪問できていないお店や

変化球というかカレーの親戚料理・食べ物について少しご紹介しましょう。

〈未実食店編〉

①太陽カレー   さん(嵐電西院駅すぐ)

スパイーシーな本格カレーでは私の見立てではおそらく京都一かと・・・未実食なのは嗜好と離れているからではなく、行きたくとも行けない事情があるから・・店がビルの2階にあり、手摺なしの階段を昇降しなくてはいけません。これは今の私の体では死ぬまでは訪問はかないません。お客さんは地元民よりトラベラーのシェアが高い評判店でもありますね。

西院~円町エリアにはカレーの名店が多いのは何故か?

私の中の京都の七不思議の一つです。

②森林食堂    さん(地下鉄東西線二条駅徒歩10分)

こちらは、二条駅前のタワマンに住まう私の以前勤めていた会社の同じ部署の先輩というか、飲み食べ仲間のYさんから教えてもらったお店で未実食です。名前からは町の普通の定食屋さんを想像しますが、レッキとした人気の本格カレー専門店です。場所は一言で話すのはちょっと難しい微妙な場所で西大路御池と二条駅からほぼ等距離にあります。一年ほど前に自分がこの近くまで用事で来た折に、立ち寄るチャンスがあったのですが、丁度コロナ渦の真っ最中だったため自粛して、未実食になってます。私の見立てではきっと美味しいカレーが食べられるであろう、チャンスがあれば一度は行ってみたい、気になってるお店です。行かれる際はググって場所を確認してから行かれるのがよろしいかと思います。

③カレー屋ひろし  さん(西大路円町より徒歩数分)

まだ、京都ではなじみのすくない本格スープカレーが味わえる貴重なお店ですね。カレーの定義をライスにルーを掛けたものとするなら、スープカレーはその真逆なので変化球ということになりますね。私が初めてスープカレーを食べたのは札幌や函館の本場の本場ではなく、岡山でした。札幌本社のお店が地方出店の一号店という触れ込みで、こういう食べ物もあるんもんだ、とびっくりした次第です。骨皮付きのチキンモモと大きなジャガイモが、ゴロっと入っていて、迫力タップリでお腹一杯でした。ここも機会がなく未実食ですが、ぜひ近々に訪れてみたいお店ですね。

〈カレー饂飩編〉

ルーを掛けるのがライスから同じ炭水化物のうどんに変わっただけといえば、そうなんですが、これはこれで、

また味わい深いものですね。ルーと饂飩だしのコラボにきっと妙味があるんでしょう。私の嗜好からは少し離れるので食べる機会はそう多くはありません。

①味味香       さん(祇園石段下すぐ)

こちらは八坂神社を参拝した帰りに一度立ち寄りました。京都ではカレーうどんといえば真っ先にこちらが上がるほど知れわたったお店ですね。元は香辛料の専門店さんなのか色んな唐辛子のビンがカウンターに並んでました。饂飩だしとカレールーのコラボに満足しました。

さらに、変化球として、カツカレーに饂飩だしをかけた皿盛りなる魔球のようなメニューを提供する三条大橋すぐの篠田屋さんという定食屋さんも存在しますのでご参考まで。

〈パンズ編〉

もうこれはカレーパンしかありませんね。元々パン好きの私ですので、週一はかかさず食べてますね。それにしてもパンの間にルゥーを閉じ込めて、さらにそれを油で揚げるまたは焼く、なんて手間ヒマかけたレシピを発明した日本人はホントに偉いと思います。パンにハムかチーズや野菜か卵、せいぜいやってハンバーグか魚フライをはさむことしか思いつかない西洋人に比べてもホント、エライ!と思いますよ。この手間ヒマをかけること・・現代の日本人からすっかり抜け落ちてますね。きっと皆ファスト!!ファスト!!と走りすぎたんですね。スロウなライフ・スタイルを置き忘れてしまったんですかね?いかん、また脱線しそうだ。モトイ!

さて、その中でおススメのお店は・・

①ライオン・ベーカリー   さん(二条駅東口すぐ)

これもYさんから教えてもらった、今夏オープンした新しいお店です。そんなにひつこくないので、いくらでも食べられそうな体にやさしいカレーパンです。他のハード系パンや惣菜パンも皆美味しいですよ。

②ブーランリュージュ山崎   さん(市バス葛野大路花屋町上がる)

ここは、丁度通所途中にある人気のパン屋ですね。

以前通所されてたYさんも「ここのパンはほんとメチャ美味しいですよ!」とおススメされていたので、間違いはありません。先ほど紹介した、プラントカフェさんとセブンをはさんで、3軒隣になりますね。ここは色んな種類のパンが沢山あるのでどれを選ぶかの楽しみもあります。が私はカレーパンが一押しです。でもここは11時30分までにいかないと、お客さんが入れ替わり立ち代わり入ってきますのでスグ売り切れになります。売るパンがなくなった時点で突然閉店ガラガラしますんで、私も何度も泣く泣く(無く、無く)家路についたことか、トホホ・・・。

③十右衛門ベイク  さん(市バス嵯峨野秋街道バス停すぐ)

こちらは、カラフルラットに来る前に通所していたA型事業所さんの近くにあったパン屋さんです。こちらの惣菜パン・菓子パンは何でも美味しいのですが私のお気に入りは揚げカレーパンでした。このエリアには他にもたくさんのパン屋さんがひしめきあってますね。(しかも皆レベルが高い!)

私の京都七不思議の2は、嵯峨野~嵐山駅に何故こんなにも美味しいパン屋ばかりがならんでいるのか?映画?美味しい水?いい小麦が採れる?どなたか教えてぇ~! 

お終い!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トリックアート

事業所での仕事の傍らコラムを執筆する。 歴史と美味しい食事が好きでそれにまつわる話題が多い。

-トリックアート, ブログ, 活動報告
-